アクア用品レビュー

混泳水槽で動きの遅い魚へエサを与える方法

グラミーなどの、おっとりした魚たちが

動きの速い魚に餌を奪われてしまう

このようなシチュエーションに出くわした事

あなたはありませんか?

 

おっとりとした魚の目線で見てみると

カラシンやグラミーなどが混泳している水槽では

粉末の餌をまいたとしても泳ぎの得意な魚に食べられてしまい

餌にありつけず衰弱死してしまう熱帯魚もいます

 

今回はそんなおっとり熱帯魚にも

しっかりと餌を与えられる商品を紹介します

壁面にテトラファンチップス

テトラファンチップスという

リング状の餌です

 

これはドーナツのような、トローチのような、フエラムネのような

どこか見たことのある形の餌で

ガラスの壁面にピタッと張り付けて

エサを食べている魚の様子が鑑賞できるという

ステキなおもしろアイテムです。

そう、このエサの半分は優しさでできています

 

オレンジの面は動物性のエサ

裏の緑色の面は植物性の成分が

多く含まれたエサになっています。

指で割ると量の調節も可能

これは指で分割することも可能で

1/2、1/4と

飼育している水槽のサイズや

生体数に合わせて使用することも可能です。

 

実際にえさをあげてみよう

一瞬だけエサ全体を濡らし

指でそのまま圧迫するように

ガラスの壁面に貼り付けます

チップは魚たちがついばんでいるうちに

だんだんほぐれて柔らかくなります。

 

別の高さや壁面に

分割したエサを同時に使用することによって

魚を分散させ、どの魚種でも落ち着いて給餌することができます。

 

また、ファンチップス本来のコンセプトですが

「魚たちの食事がじっくり鑑賞できる」

これがとても楽しいです。

 

1週間に一回だけでも

このエサを併用することによって

混泳水槽の餓死を未然に防ぐことができます。

 

コストパフォーマンスとしては

ボトルタイプをオススメしますが

ちょっとだけでも試したいという方は

小型のパッケージタイプもあるので

ぜひ探してみてください。