作り方

【水草用】3つの手順で超簡単!カリウムの液体肥料を自作する方法【DIY】

 

水草の育成にはカリウムという栄養素が必要不可欠です、この成分は水槽内で自然発生することはなく人間の手によって添加をしてあげないと基本的には供給されません。

カリウム肥料は幅広く販売されていますが、メーカー製の液肥は消耗品にも関わらずボトル一本の値段が意外と高かったりしてコストパフォーマンスがいいとは言えないですよね。

  • 水草に肥料添加をするといいらしいけどやり方がわからない
  • 市販の液肥は値段が高いから安く済ませたい
  • 自作液肥の作り方がわからない

今回はこのような方に、我が家で自作しているカリウム肥料超格安お手軽な作成手順を紹介します

固い事は抜きにして

今回も早速ですが

ザックリやっていきましょう!

 

【手順その1】材料の準備

まずは材料の紹介です。

  • プッシュ式ボトル容器
  • 精製水500ml
  • 炭酸カリウム(無水)

ボトルの容器は100円ショップなどで購入ができます

精製水マツキヨさんなど、

ドラッグストアにて100~200円程度で手に入ります

炭酸カリウムは各種通販サイトで400~500円程度です

 

今回私は、

うたかた本舗さんの炭酸カリウムを購入しています

液肥作成のレシピや注意点など

説明書なども入っていて非常に丁寧な商品でした

 

今回の自作肥料

ボトル代を含めても一本なんと700円前後で作成できてしまいます

一方、市販の液体肥料はというと、例えば液肥で有名なものはアクアデザインアマノさん通称ADAグリーンブライティKですが、このボトルは300mlで1800円します。

ただまぁ、これはブランドの信頼性や品質の安定感など様々な付加価値がありますので一概には言えません

 

結局は自分自身が

どの部分に魅力を感じるかですので

お好みで選んでいきましょう。

 

【手順その2】ボトルの噴射量を測る

試しに水をボトルへ入れて

噴射される水の量を測っておきましょう

キッチン用の計量器を使って調べてみてください

一回目

ここでさらにもう一度

測ってみてください

追加で2回目

私の持っているボトルは

1プッシュで4mlの水が出る容器のようですね

小型のボトルや、メーカー製の容器の場合は

ワンプッシュで1mlなんてのもあります。

 

【手順その3】レシピを見て配合

あとは通販で買った

炭酸カリウムのレシピを確認して混ぜ合わせるだけなんですが

ここでちょっと待ってください

 

カリウムの説明書に

添加量の目安が書かれていますので

確認してみましょう

 

我が家は30キューブ水槽ですので

だいたい説明書通りの添加量でいけそうなのですが

先ほど調べたボトルの噴射量は4mlなので

うちの場合、本来必要な量より4倍もの水

勝手にワンプッシュで出てしまうことになります。

 

そこで、たとえ4ml出てしまう容器でも

一回の添加で済むように

中に溶かす材料の調節を行います。

 

今回の場合ですと

水は本来の4倍の量がボトルから出てしまいます

説明書に書かれている1/4の分量でカリウムを配合します

精製水に関しては

レシピ通り500mlが市販の量なので

ここはめんどくさいので変えずに行きましょう

 

これで我が家の容器でも

ワンプッシュで説明書き通りの運用が可能になります

粉末の投入には

ダイソーなどで漏斗を買ってくると快適です

このように12.5gを測り

追加で精製水を注ぎます

 

しっかりふたを閉めて

軽くフリフリして粉末を溶かしましょう

溶けるときに水がほんのり暖かくなりますが

自然の化学反応ですので大丈夫です

 

水が溶け切れば

晴れて自作のカリウム水溶液が完成です

 

【おまけ】自作液肥の注意点

自作のカリウム水溶液を使用するにあたって

注意点が少しあります

これはおまけ程度に

箇条書きでサラッと紹介しましょう

  • カリウムは強アルカリ性なのでpHの上昇に注意する
  • 生体に直接かからないよう添加場所を配慮する

カリウム添加時はpHの上昇が起こりますので

添加量は想定より少なめに考えることをオススメします。

水槽の様子は常に確認しつつ、生体に直接液体がかからないよう

エサやりの直後に真逆の場所へ添加するなどして

場所を配慮しながら行ってください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

液肥のDIYは

必要な物さえそろえてしまえば

非常にコスパの良い栄養補給手段になります。

 

市販品と違って

自分の水槽環境に合わせた配合を

作成時に微調節できるのも

自作添加材の素晴らしい点です。

 

みなさんもぜひ

水槽の水草育成に役立ててください