作り方

【目的別解説】初心者でも育てやすい水草の選び方【3タイプ】

昔に比べて海外からの輸入も活発になっているため、最近では様々な種類の水草がショップで売られています

とりあえず水草水槽って言うのを始めようと思ったけど、実際はあまりの種類の多さに驚いて何から手を付けていいのかわからない。

なんて人もいる事でしょう。

なるべく失敗せずに水草育成を開始したい

最初にどんな水草を選べばいいのかわからない

今回はそんな方に向けて

私が育成経験のある水草の中で

「これなら過去の自分に勧められる」

と言えるような、初心者にも育成が簡単な水草タイプを解説していきます。

それぞれのタイプごとに

特徴や注意点なども解説していきますので

水草を選択する際に参考にしてもらえればと思います。

それではザックリやっていきましょう

【結論】おススメの水草タイプは3種類

  • 有茎草タイプ
  • 陰性水草タイプ
  • 浮草系タイプ

結論から言うと初心者の方にお勧めしたい水草は上記の3タイプです

しかし実際は

「よっしゃ、とりあえず全部入れとけ!」

という簡単なものでもなく、

種類ごとに特徴や注意点などがそれぞれあります。

では、どの水草がどんな水槽に適しているのか

自分がこれからやってみたい水槽のスタイルと照らし合わせながら

それぞれのタイプをより詳しく見ていきましょう。

有茎草タイプ

まず一つ目は有茎草タイプです

水草といえばこれを外して語ることのできないほどに最もポピュラーな種類でもあります。

それぞれ特徴をみていきましょう

メリット
  • 構造がシンプルなので植え込みから成長→トリミングまで、水草育成の基礎をひと通り学べる
  • 栄養素の吸収が早いのでコケ抑制に適している

茎の有る草と書いて有茎草(ゆうけいそう)です。

構造はタケノコの茎のように節目で分かれており周囲に葉っぱが、にょきにょきと生えています。

その形状から管理方法としては成長したら切る→また成長したら切るの繰り返しなので、水草のトリミングの練習にもってこいの種別です。

成長の早い品種が比較的多く魚のフンなどによる水槽内の栄養素を吸収しやすいため水中に栄養が残留しにくいという利点があります。

水に栄養素が残りにくい→コケの原因物質が少ない

という事なので、結果的に有茎草はコケの抑制につながるという利点となります。

他の環境にもよりますが、コケを出したくない人は有茎草を沢山植えてエサの量を控えめにすれば

かなりの成功率でコケを抑制することができるでしょう。


次に有茎草のデメリットです

成長が早いという事はすなわち伸びてしまった茎を手入れする頻度が高いという事ですね、グングン伸びる水草の場合は2~4週間程度で水面までその背丈を伸ばします。

「いや、この手入れをするのが好きなんだよ」

という人も当然いるでしょうが

育児仕事に追われて日常での時間をさけず、なるべく手間をかけずに水槽管理をしたい場合は有茎草を選択しない方がいいかもしれません。

また、本格的に育成をしたいのならば強力な照明やco2添加装置など、水草の成長を促進するための設備をある程度お金をかけて用意した方が格段に成功率が上がりますので、初期の設備投資においては、お財布に優しくない一面もあります。

【方法は4種類】水槽へCo2を添加して水草を元気に育てる方法 現代の水草水槽においてはCo2添加というのが定石となっているのですが、初心者のうちは何のことだかさっぱりわからないかと思います。 ...

 

陰性水草タイプ

二つ目の種類は陰性水草タイプです

こちらも管理が簡単で初心者向けとして

非常に名前の上がりやすいタイプなのですが

実際に飼育してみると

良くも悪くも気づく特徴がありますので

その辺をより詳しくみていきましょう

メリット
  • 光の少ない環境でも育つことができる
  • 成長速度が遅いのでレイアウトを崩しにくい

陰性水草という名前の通り、強い光を好まない品種が多いです。

求められる照明も、光量の控えめな機種で十分ですし

あまり性能のよくない、価格が安い照明でも育成することが可能です。

え、じゃあ光の好きな有茎草とは、一緒に飼育しない方がいいのかい?

そう考えてしまうかもしれませんが、全然そんなことはありません

水草水槽では岩の隙間や背の高い水草の日陰のワンポイントに、陰性水草はアクセント役として非常に重宝されます。

また、成長のゆっくりな品種が多く、短期間での劇的な変化を水景に与えないので長期維持のしやすさが特徴的です。


次に陰性水草のデメリットです

有茎草に比べると栄養素の吸収は穏やかになってしまうのでコケ抑制の役割として効果は期待できません。

陰性水草中心で水槽レイアウトを構成する場合は、生体へ与えるエサの量をかなり控えめにするなど水槽内の栄養管理に気を付けましょう。

また、陰性水草は成長が遅いがゆえに短期間での大量生産が難しい品種が多く水草1株あたりのお値段が高くなりがちです。

例えばですが、コスパのいい水草培養カップや

メルカリさんなどの通販を駆使した場合

有茎草なら2~3千円もあれば

30cmキューブ水槽をギッシリ水草だらけにすることも

十分可能なくらい大量に購入できますが

陰性水草の場合は資金3千円となると

握りこぶし程度の株を3~4個買えるだけでとどまります。

ですので正直なところ、個人のお財布事情と照らし合わせて

慎重な判断が購入に求められる水草の種別ではあります。

浮草系

最後は浮草タイプの水草です

メリット
  • メインの水草と別に、好きなタイミングで追加投入ができる
  • 成長も早く、水質浄化の補助役として効果を発揮する

存在場所が根っこに依存せず、水面を常にプカプカと浮いているので

好きなタイミングで水槽内に投入することができます

また、陰性水草よりも水槽の栄養を吸収しやすいため

水質の浄化を促進するために応援役として

追加したり減らしたりを自由自在に行えます

スイッチが入ると急速に、簡単に増えるので

放置していると水槽全体を覆ってしまいます

浮草のせいで水槽内の光量が減ってしまうと

今度はメインの水草たちが育ちにくくなってしまうので

適度に間引くなどして水槽内の光の量を調節しましょう。

まとめ

最後にザックリとまとめです

  • 有茎草は成長が早くトリミング練習ができるし、コケ抑制に効果的
  • 安くて手に入りやすいが、育成の設備環境を整える必要がある
  • 陰性水草は成長が遅く、レイアウトを崩しにくいので水景のアクセントに活用しよう
  • 一株当たりの値段は割高、しかし安い照明でも十分に育つ
  • 浮草はどんな水槽レイアウトにも追加投入が可能な万能タイプ
  • メインにはならないが、水質改善の補助役として幅広く使用できる

がっつりと水草水槽をやりたい人は有茎草をメインに、あまり手間をかけずにトリミングなどのメンテナンスをできるだけ避けたい人は陰性水草をメインにレイアウトして、水槽環境に応じて浮草の投入を考える作戦が、失敗の少ない水草の種類選びとなるでしょう。

【番外編】騙された思って一度は育ててほしい、育成の簡単な水草たち

ここで私が育成したことのある水草の中から

厳選しておススメの水草をご紹介します

どれも丈夫で、育成の簡単な品種なので

まだ育成経験のない方は

ほんとに騙されたと思って一度育成してみてください

試しに育ててみてほしい有茎草

パールグラス

まず一つ目はパールグラスです。

これは水槽の業界ではかなり昔から親しまれている水草です。

水槽の中でGHという水質の数値が高い場合は水草を育成する際に思うように育たなくなる原因としてかなり悩みの種となるのですがこの植物はGHが高めでもわりと元気に成長してくれる水草です。

葉の形状は小ぶりでトリミングにも強く水質変化にもある程度柔軟で成長速度も速めなので、まさに入門用としてうってつけの水草です。

アンブリア

アンブリアはモフモフした見た目が特徴的な有茎草です。

大体の水質に幅広く対応でき、あまり高性能な照明も必要とせずにテキトーでもなんでもいいのでとりあえず生き物が入っている水槽ならメチャメチャ成長します

マジでメチャメチャ成長します(2回目)

そのメルヘンチックな見た目から、群生させた時の迫力はかなりの見もので成長も早いので苔の抑制にも一役買ってくれます。

試しに育ててみてほしい陰性水草

アヌビアスナナ・プチ

陰性水草の代表でアヌビアスという品種があります。

主に流通している品種ではアヌビアス○○といった名前で

ナナ・バルテリーコーヒーフォリアグラキリスヘテロフィラなどの種類がありますが、

その中でもこのアヌビアスナナ・プチはあまり大きくならずに小さな葉っぱを増やしていく品種なので、メイン水草とは別に日陰となる所にアクセントとして設置するなど、かゆいところに手の届く陰性水草です。

注意点は、ただのアヌビアス・ナナを間違えて買わないようにしましょう

アヌビアス・ナナの通常種は葉も大きく、濃い色も相まって小型の水槽ではレイアウトを崩してしまうレベルでかなりの存在感を与えてしまいます。

おススメしているのはアヌビアスナナ・プチですので購入時は名前に注意です。

試しに育てて欲しい浮草

アマゾンフロッグピット

最後はアマゾンフロッグピットです

特に水質を気にすることもなく、だいたいどんな状況でも成長でき、たとえ必要が無くなっても保険のため1~2株だけ残して浮かせておけば、いざというときに使用ができるのが本当に手軽ですし、増えたらトリミングも容易で栄養の吸収も良く、様々な状況で役に立つ便利な浮草です。